産経ニュース

インドのモディ首相、パキスタンでの首脳会議出席を拒否 カシミールのテロで関係緊張

ニュース 国際

記事詳細

更新


インドのモディ首相、パキスタンでの首脳会議出席を拒否 カシミールのテロで関係緊張

カシミールの殺害に抗議した人が放ったがれきの上で燃える炎を飛び越えるバラクラバをした男性=9月12日、印のシュリーナガル(ロイター) カシミールの殺害に抗議した人が放ったがれきの上で燃える炎を飛び越えるバラクラバをした男性=9月12日、印のシュリーナガル(ロイター)

 【ニューデリー=岩田智雄】インド政府は、パキスタンの首都イスラマバードで11月に開催予定だった南アジア地域協力連合(SAARC)首脳会議へのモディ首相の出席を拒否すると発表した。今月18日に印パが領有権を争うカシミール地方のインド支配地域で、インド陸軍基地が武装集団に襲撃されたためで、インドはパキスタンのテロへの関与を非難していた。両国間の緊張が、地域協力にも影響を与えている。

 インドは27日、「越境テロが増えている」とパキスタンを批判し、「他の加盟国も首脳会議出席への留保を伝えている」との声明を出した。印メディアは、アフガニスタン、バングラデシュ、ブータンもインドに同調すると伝えている。

 モディ印首相は2014年の首相就任式にパキスタンのシャリフ首相を招待し、昨年12月にはパキスタンを印首相としては12年ぶりに訪問するなど、両国の信頼醸成に前向きな姿勢を見せてきた。しかし、今年1月に印パンジャブ州の空軍基地が武装集団に襲撃され、インドはパキスタンからの越境テロを非難。両国が合意していた包括対話再開が宙に浮いていた。

 インドは最近、国連総会などでパキスタンを孤立させるべきだと主張してきた。一方、パキスタンはテロへの関与を否定し、カシミール地方で多数の市民がインド治安部隊との衝突で死傷していることに「インドによる人権侵害だ」との批判を強め、両国は非難合戦を展開している。

このニュースの写真

  • インドのモディ首相、パキスタンでの首脳会議出席を拒否 カシミールのテロで関係緊張
  • インドのモディ首相、パキスタンでの首脳会議出席を拒否 カシミールのテロで関係緊張
  • インドのモディ首相、パキスタンでの首脳会議出席を拒否 カシミールのテロで関係緊張
  • インドのモディ首相、パキスタンでの首脳会議出席を拒否 カシミールのテロで関係緊張

「ニュース」のランキング