産経ニュース

【ノーベル平和賞】ノーベル平和賞予想、「九条の会」は脱落 首位にロシア活動家

ニュース 国際

記事詳細

更新

【ノーベル平和賞】
ノーベル平和賞予想、「九条の会」は脱落 首位にロシア活動家

ロシアの人権活動家スベトラーナ・ガンヌシキナさん(中央)=2013年6月、モスクワ(AP) ロシアの人権活動家スベトラーナ・ガンヌシキナさん(中央)=2013年6月、モスクワ(AP)

 「ノーベル平和賞ウオッチャー」として知られるノルウェーの国際平和研究所のハルプビケン所長は27日、来月7日に発表される今年の平和賞予想の第1位に、ロシアの人権活動家スベトラーナ・ガンヌシキナさんを挙げた。研究所のウェブサイトで明らかにした。

 昨年の予想では日本の護憲派市民団体「九条の会」が4位の候補とされていたが、今年は日本の個人・団体は有力候補に挙げられていない。

 今年のこれまでの予想では、米政府による個人情報収集を暴露したエドワード・スノーデン元米中央情報局(CIA)職員を1位にしていた。修正後はコロンビア和平合意を導いたサントス大統領ら2人のほか、イラン核合意に尽力した米国のモニズ・エネルギー長官とイランのサレヒ副大統領兼原子力庁長官、戦闘地域で救助活動を行う市民組織「シリア民間防衛隊」なども列記した。(共同)

「ニュース」のランキング