産経ニュース

【ロッテ裏金疑惑】次男の韓国ロッテ会長に逮捕状請求 横領容疑に「役割が全くなかったとは…」裁判所の判断が焦点

ニュース 国際

記事詳細

更新

【ロッテ裏金疑惑】
次男の韓国ロッテ会長に逮捕状請求 横領容疑に「役割が全くなかったとは…」裁判所の判断が焦点

重光昭夫氏(春名中撮影) 重光昭夫氏(春名中撮影)

 【ソウル=藤本欣也】韓国ロッテグループの裏金疑惑などを捜査するソウル中央地検は26日、創業者、重光武雄(韓国名・辛格浩=シン・ギョクホ)氏(93)の次男で、グループ会長の昭夫(同・辛東彬=ドンビン)氏(61)について、横領、背任容疑で逮捕状を請求した。裁判所側は28日に昭夫氏を召喚して審問を行い、逮捕状発布の可否を判断する予定だ。

 同地検は、脱税などの疑いがある武雄氏と同氏の事実婚相手の徐美敬(ソ・ミギョン)氏、横領の疑いが持たれている長男の宏之(同・辛東主=ドンジュ)氏(62)については在宅起訴する方針とみられる。

 韓国ロッテグループは26日、「逮捕状の請求は残念だ。裁判所が賢明な判断を下すことを期待している」とのコメントを出した。

 昭夫氏をめぐっては巨額の裏金作りに関与していた疑惑などが浮上。20日に検察に出頭した昭夫氏は「裏金について知らない」と疑惑を否定していた。

続きを読む

「ニュース」のランキング