産経ニュース

【「慰安婦」日韓合意】「屈辱的な合意だ」批判強める野党、与党は出席拒否…空転する韓国国会

ニュース 国際

記事詳細

更新

【「慰安婦」日韓合意】
「屈辱的な合意だ」批判強める野党、与党は出席拒否…空転する韓国国会

国政監査に出席した(左から)金兌玄理事長、李相徳・駐シンガポール大使、元慰安婦の金福童さん=26日、ソウルの韓国外務省(聯合=共同) 国政監査に出席した(左から)金兌玄理事長、李相徳・駐シンガポール大使、元慰安婦の金福童さん=26日、ソウルの韓国外務省(聯合=共同)

 韓国政府の政策を検証する国会の「国政監査」が26日始まり、外交統一委員会の外務省に対する監査では、慰安婦問題の解決に関する日韓合意に反発する野党が「屈辱的な合意」などと政府側証人への批判を強めた。一方で24日に野党主導で閣僚の解任建議が可決されたことに反発した与党セヌリ党が、各委員会での監査出席をボイコットする異例の事態となった。

 外交統一委の国政監査には野党側の求めで元慰安婦の金福童さん(90)のほか、外務省東北アジア局長として合意交渉に携わった李相徳・駐シンガポール大使、合意に基づき韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」の金兌玄理事長らが出席した。

 金福童さんは「日本政府は慰安婦問題の歴史を消そうとし、一言の謝罪もしていない」と合意を批判。「それでもよくやったと言えるのか」と野党議員に問われた李氏は「与えられた条件下で最善を尽くした」と述べた。(共同)

「ニュース」のランキング