産経ニュース

韓国で接待禁止法施行へ 老舗料亭が次々廃業、“告げ口”の報奨金目当てに盗撮学ぶ人も

ニュース 国際

記事詳細

更新


韓国で接待禁止法施行へ 老舗料亭が次々廃業、“告げ口”の報奨金目当てに盗撮学ぶ人も

「金英蘭法」の施行を前に、ソウルの海鮮料理店「ヘウリ」で登場した1人前2万9千ウォンの「蘭セット」=26日(共同) 「金英蘭法」の施行を前に、ソウルの海鮮料理店「ヘウリ」で登場した1人前2万9千ウォンの「蘭セット」=26日(共同)

 韓国で、公務員や議員、教師、記者への金品提供や接待を事実上禁じる新法が28日に施行される。腐敗根絶が目的で、接待や付け届けが根付く社会が大きく変わりそうだ。法施行前から自粛ムードが広がり、売り上げの落ち込みなどから既に廃業する飲食店も出ている。

 一方で、違反の通報者に払われる高額の報奨金を得ようと「盗撮教室」に通う人も増え、“告げ口社会”になるとの憂慮もある。

 最初に制定の必要性を提起した政府機関幹部の名を取り「金英蘭法」と呼ばれる法律は、公務員らが職務に関連して3万ウォン(約2700円)を超える飲食接待を受けることなどを禁じた。違反者は提供した側も受けた側も授受額の2~5倍の罰金を科され、一回に100万ウォンを超えれば、職務に関連していなくても懲役3年以下の刑などが科される。

 ソウルでは老舗の料亭が既に数店廃業。飲食店やゴルフ場の売り上げが年間計約11兆5千億ウォン減るとの試算もある。(共同)

 

「ニュース」のランキング