産経ニュース

米欧FTA交渉、停滞不可避 EU貿易相理事会 オバマ政権との合意断念、EU内も足並み乱れる

ニュース 国際

記事詳細

更新


米欧FTA交渉、停滞不可避 EU貿易相理事会 オバマ政権との合意断念、EU内も足並み乱れる

オバマ大統領(UPI) オバマ大統領(UPI)

 欧州でも最近、フランスが「交渉の終了を求める」(フェクル貿易担当相)などと要求。ドイツもメルケル首相は交渉推進派だが、連立相手が「TTIPは死んだ」(ガブリエル副首相)などと交渉への懐疑的な主張を強めるなど、加盟国の足並みの乱れが目立ってきた。

 欧州ではTTIPが環境や食の安全を損なうとの懸念が強く、最近もドイツなどで大規模な反対デモが起きた。無理に交渉を進めればEU不信を一段と刺激する恐れもある。来年は4~5月に仏大統領選、秋に独総選挙を控え、重要な政治日程を終えるまで交渉は進められないとの見方が大勢だ。

「ニュース」のランキング