産経ニュース

韓国国会、農林畜産食品相解任を可決 与党セヌリ党の劣勢鮮明に

ニュース 国際

記事詳細

更新


韓国国会、農林畜産食品相解任を可決 与党セヌリ党の劣勢鮮明に

韓国国会で採決を拒んで退席する与党セヌリ党の議員たち=24日、ソウル(聯合=共同) 韓国国会で採決を拒んで退席する与党セヌリ党の議員たち=24日、ソウル(聯合=共同)

 韓国国会は24日、金在水農林畜産食品相の解任建議案を最大野党「共に民主党」などの賛成多数で可決した。反対する与党セヌリ党は採決を拒んで退席。4月の総選挙で惨敗した同党の数的劣勢が改めて鮮明となった。野党が攻勢を強めるのは必至で、任期末に差し掛かる朴槿恵大統領の政権運営は混迷しそうだ。

 韓国国会で閣僚の解任建議が可決されるのは約13年ぶりで6回目。与党は「不当な政治攻勢だ」と反発しており、朴氏は解任に応じないとの見方が強い。

 朴氏は24日、北朝鮮が核・ミサイル開発を続ける現状を韓国の危機と位置付け「非常時に建議案を通過させた」と野党を批判した。

 金氏は8月に農林畜産食品相に内定後、国会で適性を検証する人事聴聞会を巡りネット上に「あらゆる謀略や嫌がらせを受けた」などと書き込み物議を醸した。(共同)

「ニュース」のランキング