産経ニュース

【北朝鮮拉致】「日本の警察は撃たない」「拉致はまた起きる」 北朝鮮の元戦闘員が日本潜入の手口を現場で再現した

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮拉致】
「日本の警察は撃たない」「拉致はまた起きる」 北朝鮮の元戦闘員が日本潜入の手口を現場で再現した

元北朝鮮の戦闘員、李相哲(仮名)氏(左)。特定失踪者問題調査会の荒木和博(中央)らに日本潜入のときの様子を説明した=8月31日、山口県長門市 元北朝鮮の戦闘員、李相哲(仮名)氏(左)。特定失踪者問題調査会の荒木和博(中央)らに日本潜入のときの様子を説明した=8月31日、山口県長門市

 日本に潜入した経験をもつ北朝鮮の元戦闘員、李相哲(リサンチョル、仮名)氏が8月末に来日し、山口県長門市の潜入現場などを訪れた。その李氏は日本人拉致を実行した工作機関が今後も存続していたとしたら、「拉致はまた起きる可能性がある」と断言した。いまだに拉致問題を解決できず、拉致実行犯の協力者らも野放しのままの日本。核とミサイルで国際社会を脅し続ける北朝鮮から国民の命を守ることはできるのか。

工作員の日本人化教育、身分のクリーニング目的で1960年代から拉致

 李氏が日本に入ったのは昭和57年6月。北朝鮮から工作母船で出港し、山口県沖合の小島で組み立て式の子船に乗り換えた。その後、先に青海島に向かった同僚から無線で連絡を受け、ゴムボートで島へ。20代半ばぐらいの在日朝鮮人とみられる男性を船に乗せ、北朝鮮へと連れていった。李氏は翌年、韓国に潜入しようとしたところ逮捕された。現在は転向して、韓国で暮らしている。

 今回、李氏は拉致問題を調べている「特定失踪者問題調査会」の特別検証に合わせて来日。山口県長門市から船に乗り、かつて潜入した青海島の付近などをめぐった後、島根県益田市で開かれたセミナーで日本人拉致について語った。

 「北朝鮮では1960年代の中盤から、工作員を日本人化する教育というのを始めた。日本人化教育をしようと思えば、日本人が来て教育をしなければいけない。もう一つ、身分のクリーニング、つまり日本人の身分を得て行動するということだ」と日本人拉致の目的を説明した李氏。拉致が行われた期間については「60年代半ばから80年代に入ってまで、かなり活発に拉致を続けたのではないかと思う」と話し、実施した組織は朝鮮労働党傘下の工作機関のほか、朝鮮人民軍も行っていたと証言した。

続きを読む

「ニュース」のランキング