産経ニュース

【緊迫・南シナ海】ASEAN、南シナ海問題で日米と中国の板挟み

ニュース 国際

記事詳細

更新

【緊迫・南シナ海】
ASEAN、南シナ海問題で日米と中国の板挟み

 【ビエンチャン=吉村英輝】一連の首脳会議を8日に終えた東南アジア諸国連合(ASEAN)は、最大の焦点だった南シナ海問題で、対応の難しさを改めて認識することになった。南シナ海での軍事拠点化の手を緩めず、加盟各国の切り崩しを着実に進める中国と、法の支配による平和的解決を呼びかける日本や米国。大国の間で板挟みに陥っている格好だ。

 「南シナ海を含め、紛争の平和的解決が確かになるよう、私たちで取り組み続けていこう」

 オバマ米大統領は8日、ASEAN首脳との会議冒頭、連携と協力を呼びかけた。オランダ・ハーグの仲裁裁判所が中国の南シナ海での主権主張を全面的に退けた裁定にも言及し、「拘束力がある」と強調。「地域の海洋権益の明確化を促進した」と励ました。

 オバマ氏は、自身が掲げたアジア重視のリバランス(再均衡)政策には「ASEANがカギだ」とも指摘し、中国の軍事的台頭に妥協しないようクギもさした。議長国ラオスのトンルン首相もオバマ氏に先立ち、「アジア回帰政策の遂行は米ASEANの協力強化に重要だ」と強調した。

 ただ、中国に経済的に依存するラオスは、一連の会議後に発出した議長声明で裁定への言及を避けるなど、対中配慮を優先した。オバマ氏が裁定について「緊張を高めていることも分かっている」と理解を示したように、中国は裁定の“棚上げ”を目指し、なりふり構わずASEAN側に圧力をかけた。

続きを読む

「ニュース」のランキング