産経ニュース

【北朝鮮拉致】「米青年が北に拉致」と米メディアが一斉報道 「ユン・ボンスと名乗り平壌で英語教師」…日米連携で拉致解決に好影響も

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮拉致】
「米青年が北に拉致」と米メディアが一斉報道 「ユン・ボンスと名乗り平壌で英語教師」…日米連携で拉致解決に好影響も

2004年、中国・雲南省で消息をたった米国人留学生のデービッド・スネドン氏 2004年、中国・雲南省で消息をたった米国人留学生のデービッド・スネドン氏

 【ワシントン=古森義久】米国の多数のメディアが「12年前に中国で消息を絶った米国人青年、デービッド・スネドン氏=当時(24)=が実は北朝鮮に拉致され、現在は平壌で英語教師をしている」と4日までに一斉に報じた。

米議会、政府に本格調査迫る

 米国議会には同氏の失踪について日本側からの情報も基にして米政府に本格調査を求める決議案が提出されている。今回の報道を機に、スネドン氏失踪事件が新たな展開をみせ、日本人拉致事件の解決にも前向きな影響を与える可能性も出てきた。

 米国ではニューヨーク・デーリー・ニューズ紙、USニュース・アンド・ワールド・リポート誌、CNNニュースなどがスネドン氏拉致を伝えた。韓国の拉致被害者団体「拉北者家族会」の崔成龍(チェ・ソンヨン)代表の証言を伝えた共同通信などの報道を根拠としている。崔氏は「2004年8月に中国の雲南省で失踪したスネドン氏は北朝鮮工作員により拉致され、平壌で現地の女性と結婚して2児の父となり、ユン・ボンスと名乗って英語教師をしている」との情報を北朝鮮内の消息筋から入手したという。

「中国にも問題提起を続けている」

 米国務省報道官は米側での報道について「スネドン氏が北朝鮮工作員に拉致されたことを示す確固とした証拠は得ていないが、この案件には注意を向けており、中国政府にも問題提起を続けている」と述べた。

続きを読む

「ニュース」のランキング