産経ニュース

「ロンドン漱石記念館」が9月で閉館 EU離脱の影響で前倒し

ニュース 国際

記事詳細

更新


「ロンドン漱石記念館」が9月で閉館 EU離脱の影響で前倒し

 夏目漱石の留学時の資料を集めた「ロンドン漱石記念館」(恒松郁生さん提供 共同)  夏目漱石の留学時の資料を集めた「ロンドン漱石記念館」(恒松郁生さん提供 共同)

 文豪、夏目漱石(1867~1916年)の英国留学に関する資料を展示するロンドンの「ロンドン漱石記念館」が9月で閉館することが分かった。手弁当で32年にわたり運営を続けてきた漱石研究家、恒松郁生さん(64)が28日、明らかにした。

 漱石は今年が没後100年。恒松さんは生誕150年となる来年まで続ける予定だったが、英国の欧州連合(EU)離脱を受け、ロンドンの不動産市況が悪化。閉館後に記念館が入るアパートの部屋の売却収入を見込んでいたが、価格は1割近く下落、好転する見通しはない。妻、芳子さん(56)と相談の上、1年前倒しすることになった。

 記念館は国費留学生として1900年から2年間、漱石が留学していた当時の街の写真や漱石の名前が記された国勢調査資料のコピーなど恒松さんが集めた多数の資料を展示。(共同)

このニュースの写真

  • 「ロンドン漱石記念館」が9月で閉館 EU離脱の影響で前倒し

「ニュース」のランキング