産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


チュニジアに40歳首相 同国で最年少、新内閣発足

26日、チュニジアの議会で演説するユスフ・シャヘド氏(ロイター) 26日、チュニジアの議会で演説するユスフ・シャヘド氏(ロイター)

 チュニジアの議会は26日夜、新首相に指名されたユスフ・シャヘド氏(40)が率いる新内閣を賛成多数で承認した。27日にカイドセブシ大統領に宣誓し、新内閣が発足した。シャヘド氏はチュニジア史上最も若い首相。

 ホルシャニ国防相やジナウイ外相ら主要閣僚は留任。26人の閣僚のうち女性は6人となった。議会(定数217)では、195人が出席し168人が賛成、22人が反対し5人が棄権した。

 チュニジアは中東民主化運動「アラブの春」の後に民主体制に移行したが、テロが相次ぎ経済の柱である観光業が低迷。シャヘド氏は低迷する経済の立て直しや失業問題、テロ対策など山積する課題に取り組む。

 議会が7月末にシド前首相の不信任決議案を可決、今月上旬にカイドセブシ氏が地方問題相だったシャヘド氏を新首相に指名した。(共同)

「ニュース」のランキング