産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


硫黄島星条旗また誤記録、米軍発表2人が別人

ローゼンソール氏が撮影した硫黄島の摺鉢山に星条旗を立てる米兵士たち=1945年2月(AP) ローゼンソール氏が撮影した硫黄島の摺鉢山に星条旗を立てる米兵士たち=1945年2月(AP)

 米海兵隊は25日までに、太平洋戦争の激戦地、硫黄島の摺鉢山で1945年2月に星条旗を最初に立てたとして、公式文書に記録されていた米兵6人のうち2人が別人だったとの調査結果を発表した。

 米軍は当時、摺鉢山に星条旗を立てた後、さらに大きい旗に取り換えた。海兵隊は2回目の星条旗掲揚をしたとして記録されていた米兵のうち1人が別人だったと6月に公表。その後、1回目の掲揚の記録が正確かどうかも調べていた。

 海兵隊の発表によると、最初に星条旗を立てたとされていた米兵のうち2人は摺鉢山にいたものの、掲揚には直接関わっていなかったことが分かった。

 また、6月の発表で2回目の掲揚に関わっていなかったことが判明した海軍衛生兵のジョン・ブラッドリー氏は、1回目の掲揚に関わっていたことも明らかになった。(共同)

このニュースの写真

  • 硫黄島星条旗また誤記録、米軍発表2人が別人

「ニュース」のランキング