産経ニュース

「ニットの女王」ソニア・リキエルさん死去 仏デザイナー

ニュース 国際

記事詳細

更新


「ニットの女王」ソニア・リキエルさん死去 仏デザイナー

ソニア・リキエルさん(ゲッティ=共同) ソニア・リキエルさん(ゲッティ=共同)

 フランスの代表的な服飾デザイナー、ソニア・リキエルさんが25日、パリの自宅で死去した。86歳だった。パーキンソン病のため、長期療養中だった。長女でデザイナーのナタリー・リキエルさんが発表した。

 フランスのメディアによると、黒が基調のしま模様の色使いや、前後を逆にしたようなデザインのセーターなどがパリジェンヌ(パリの女性)に好まれ「ニットの女王」「最もパリジェンヌらしいブランド」と評された。

 1930年パリの東欧系家庭で生まれ、48年小売店の売り場係として働き始めた。結婚後、夫と経営したブティックで販売したセーターが評判となり、60年ごろから女性誌の紙面を飾り、女優オードリー・ヘプバーンさんらが着用した。68年に「ソニア・リキエル」のブランドを立ち上げた。(共同)

「ニュース」のランキング