産経ニュース

韓国体育相に朴槿恵大統領の側近起用 平昌五輪立て直しも

ニュース 国際

記事詳細

更新


韓国体育相に朴槿恵大統領の側近起用 平昌五輪立て直しも

韓国の朴槿恵大統領(聯合=共同) 韓国の朴槿恵大統領(聯合=共同)

 韓国大統領府は16日、朴槿恵大統領が3閣僚の交代を決めたと発表した。2018年平昌冬季五輪を管轄する文化体育観光相には朴氏の側近で、現政権で女性家族相を務めた趙允旋氏(50)が内定した。今後、国会の人事聴聞会を経て就任する。

 平昌五輪を巡っては、大会組織委員会の会長が5月に交代するなど運営側の混乱が続いている。朴氏に近い趙氏を担当閣僚に充て、準備態勢の立て直しを図る目的もあるとみられる。

 趙氏は女性家族相を務めていた14年に、フランスで開かれた国際漫画祭で慰安婦問題を素材にした作品の展示を主導するなど、同問題を広める国際的な宣伝活動に従事した。

 趙氏のほか、農林畜産食品相に金在水・韓国農水産食品流通公社社長、環境相に●(=恵の心を日に)京圭・国務調整室第2次官をそれぞれ内定した。(共同)

「ニュース」のランキング