産経ニュース

ロシアとトルコ、再接近を誇示 首脳会談、「対欧米カード」の思惑一致

ニュース 国際

記事詳細

更新


ロシアとトルコ、再接近を誇示 首脳会談、「対欧米カード」の思惑一致

会談するトルコのエルドアン首相(左)とロシアのプーチン大統領=9日、サンクトペテルブルグ(ロイター) 会談するトルコのエルドアン首相(左)とロシアのプーチン大統領=9日、サンクトペテルブルグ(ロイター)

 【モスクワ=遠藤良介】ロシアのプーチン大統領は9日、西部のサンクトペテルブルクでトルコのエルドアン大統領と会談し、両国関係やシリア問題について協議した。トルコでの7月のクーデター未遂後、エルドアン氏の外国訪問は初めて。両首脳には、昨年11月のトルコ軍による露爆撃機の撃墜で冷え切った関係の修復を誇示し、欧米を牽制する狙いがありそうだ。

 プーチン氏は会談の冒頭でクーデター未遂に触れ、「憲法に反する行動に断固反対することは、わが国の原則的立場だ」と発言。「あなたの指導の下で合法的な秩序が取り戻されることを望む」と述べ、エルドアン政権が軍や公的機関で進める大規模粛清を事実上、支持した。

 共同記者会見によると、両首脳は、ロシアが対トルコ経済制裁を段階的に解除し、経済関係の水準を回復させる方針で一致。ロシアによるトルコでの原子力発電所建設や、同国向け天然ガス・パイプライン敷設の計画を再開させることでも合意した。プーチン氏は、記者会見後にシリア問題の協議を続けることを明らかにし、両国の立場を調整することに自信を見せた。

 ロシアは撃墜事件後、トルコ産青果物の輸入や同国への旅行商品の販売を禁止する制裁を発動。しかし、エルドアン氏が6月、プーチン氏に「謝罪」の書簡を送ると一転して関係改善の機運が表れ、撃墜後で初の対面となる9日の首脳会談につながった。

続きを読む

「ニュース」のランキング