産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


タイ国民投票、新憲法草案承認へ 民政復帰大きく前進

7日、タイ南部パッターニー県の投票所で投票する女性(ロイター) 7日、タイ南部パッターニー県の投票所で投票する女性(ロイター)

 ただ、タクシン派支持者が多い北部ピサヌローク県の女性(53)は、賛成に票を投じた。軍政の2年間、薬物取り締まり強化などで「治安が向上したため」で、タクシン派と反対派の対立で引き起こされた国政の混乱はもうこりごりだという。

 軍政が権力の引き締めをはかる背景には、軍を統帥し、国民の敬愛を集めてきたプミポン国王(88)の健康状態の悪化も指摘される。不透明な王位継承問題で、既得権益層を巻き込む政治対立となれば、大混乱を引き起こしかねない。

 「戦後でみれば、民政の時代は最近だけ。今の軍政はこれまでの中の政権で最高よ」。ある高齢女性は、皮肉交じりに賛成した理由を述べた。(バンコク 吉村英輝)

「ニュース」のランキング