産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


「爆弾かも」乗客のひと言で離陸中止 マレーシア

 マレーシアのクアラルンプール国際空港で3日、旅客機に搭乗した乗客の一人が「爆弾があるかもしれない」とひと言口にしたのをきっかけに離陸を取りやめ、乗客乗員129人全員が機外に避難、爆発物がないか警察が検査する騒ぎがあった。地元メディアが報じた。

 警察はこの乗客から事情を聴いている。地元の警察幹部は「たとえ冗談であっても『爆弾』という言葉を使うことは、面倒な事態を招く」と話している。

 騒動が起きたのはクアラルンプール発インドネシア・バンダアチェ行きのエアアジア機。調べた結果、不審物は見つからず、約6時間半遅れて離陸した。(共同)

「ニュース」のランキング