産経ニュース

【北ミサイル】金正恩政権で発射30発超、正日時代の2倍 核実験含め費用は数千億ウォンどこから捻出?

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北ミサイル】
金正恩政権で発射30発超、正日時代の2倍 核実験含め費用は数千億ウォンどこから捻出?

北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて秋田港で待機する海上保安庁の巡視船「しんざん」=3日、秋田港(渡辺浩撮影) 北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて秋田港で待機する海上保安庁の巡視船「しんざん」=3日、秋田港(渡辺浩撮影)

 【ソウル=藤本欣也】北朝鮮は3日、中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程1300キロ)を発射した。弾道ミサイルの発射は先月19日以来。韓国メディアによると、金正恩(キム・ジョンウン)体制のこれまでの約4年8カ月で、発射された弾道ミサイルは失敗を含め30発を超え、1100億ウォン(約99億円)超が失われたと推計されている。

 韓国統一省の報道官は3日、北朝鮮のノドン発射について「朝鮮半島と国際社会への重大な挑発だ」と非難した上で、「住民の生活にこそ力を傾けるよう期待する」とコメントした。

 韓国国防省の推計として韓国メディアが報じたところによると、北朝鮮は7月下旬段階で、2011年末以降の金正恩体制の下、短距離弾道ミサイル「スカッド」(射程300~500キロ)16発、ノドン6発、新型中距離弾道ミサイル「ムスダン」(同2500~4千キロ)6発、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)3発の計31発の弾道ミサイル(長距離弾道ミサイルを除く)を発射した。これに3日のノドン2発を加えると33発発射したことになる。

 金正日(ジョンイル)体制の約18年間では16発の弾道ミサイルが発射されたとみられ、金正恩体制はすでに、倍以上の弾道ミサイルを発射した計算となる。国防省は「核を搭載できるミサイルの発射能力を高める」ため、開発を急いだ結果とみている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 金正恩政権で発射30発超、正日時代の2倍 核実験含め費用は数千億ウォンどこから捻出?

「ニュース」のランキング