産経ニュース

有力候補を「香港独立派」と選管が不受理「中国共産党下に民主主義はない」

ニュース 国際

記事詳細

更新


有力候補を「香港独立派」と選管が不受理「中国共産党下に民主主義はない」

立法会選挙への立候補届け出を拒まれ、会見する梁天琦氏=2日、香港(ロイター) 立法会選挙への立候補届け出を拒まれ、会見する梁天琦氏=2日、香港(ロイター)

 香港の選挙管理当局は2日、9月の立法会(議会)選挙に立候補を届け出た急進民主派政党「本土民主前線」幹部の梁天●(=王へんに奇)氏に対し、届け出を受理しないと通知した。梁氏の主張から「香港独立派」と認定し、立候補資格がないとした。

 梁氏は若者の人気が高く、出馬すれば当選確実とみられていた有力候補者。同党は今年2月、警官隊との大規模衝突で130人以上が負傷したデモを組織するなど激しい抗議行動で知られ、今後混乱が起きる懸念が広がっている。

 梁氏は記者会見して選管の決定は違法だと指摘し、「中国共産党統治下では香港に民主主義はない」と強く批判した。

 選管は立候補受け付けを前に「独立派」排除の思惑で、立候補者が「香港は中国に属している」と認識していることを確認する新規定を発表。既に香港独立を主張する新党「香港民族党」代表の陳浩天氏ら複数の候補者の届け出を不受理としている。(共同)

「ニュース」のランキング