産経ニュース

【米大統領選】トランプ氏がイスラム教徒の戦没者遺族を「侮辱」 身内からも批判

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米大統領選】
トランプ氏がイスラム教徒の戦没者遺族を「侮辱」 身内からも批判

米民主党大会で登壇し、共和党のトランプ候補に米国憲法を貸そうと話すカーン氏=7月28日、米東部フィラデルフィア(ロイター) 米民主党大会で登壇し、共和党のトランプ候補に米国憲法を貸そうと話すカーン氏=7月28日、米東部フィラデルフィア(ロイター)

 【ワシントン=加納宏幸】米共和党大統領候補の不動産王、ドナルド・トランプ氏(70)が7月31日、戦死したイスラム教徒の米軍人の遺族を侮辱したとして批判された。共和党幹部もトランプ氏に対する不快感の表明が相次ぎ、陣営は釈明を迫られた。米軍最高司令官になる資質に関わるだけに、11月の本選にも影響を与えそうだ。

 遺族は、2004年にイラクで自爆テロにあって戦死したフマユン・カーン陸軍大尉の父でパキスタン出身のキズル・カーン氏。

 民主党大統領候補にヒラリー・クリントン前国務長官(68)を指名した同党全国大会に7月28日、妻と登壇し、イスラム教徒の入国禁止を主張するトランプ氏に「米国憲法を読んだことがあるのか」「(戦没者が眠る)アーリントン国立墓地を訪れたことがあるか」などと問いかけた。

 トランプ氏は31日、ツイッターで「カーン氏から敵意をもって攻撃されたが、反応してはいけないのか。イラク戦争(開戦決議)に賛成したのはクリントン氏で、私ではない」と反論。米メディアでは「クリントン氏のスピーチライターが原稿を書いたのではないか」とも発言した。

 カーン氏は31日のCNNテレビ番組でトランプ氏を「黒い魂を持っている。指導者には到底ふさわしくない」と批判し、共和党幹部に同氏への支持撤回を要求。クリントン氏もカーン氏に同調し、同党に「党派よりも国家(への忠誠)を取るべきだ」と訴えた。

続きを読む

このニュースの写真

  • トランプ氏がイスラム教徒の戦没者遺族を「侮辱」 身内からも批判

「ニュース」のランキング