産経ニュース

【「慰安婦」日韓合意】蒸し返しに躍起の野党や反対派 “国内問題”と化した慰安婦像撤去はいつ実現?

ニュース 国際

記事詳細

更新

【「慰安婦」日韓合意】
蒸し返しに躍起の野党や反対派 “国内問題”と化した慰安婦像撤去はいつ実現?

 韓国政府は合意以降、反発する元慰安婦らにののしられながらも、合意を受け入れるよう説得を続けてきた。その結果、「相当数(の元慰安婦)が財団からの支援を受ける意思を示している」(女性家族省)段階まで来た。元慰安婦らを「失望させないよう努力するのが財団の責任と義務だ」(金兌玄=キム・テヒョン=財団理事長)とし、慰安婦問題の解決に努める姿勢を強調する。

 ただ、韓国では28日に起きた金理事長襲撃が示すように反発は根強い。一部の元慰安婦は財団からの支援を拒否。野党は政権攻撃の材料にしている。元慰安婦支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」やメディアの多くも同様で、反対派は問題を蒸し返せるとみている。問題解決はいまや、韓国政府が確約した“努力”にかかっている。

このニュースの写真

  • 蒸し返しに躍起の野党や反対派 “国内問題”と化した慰安婦像撤去はいつ実現?

「ニュース」のランキング