産経ニュース

【「慰安婦」日韓合意】慰安婦支援財団、28日発足 韓国で反発くすぶる中、日本大使館前で相変わらずの抗議デモ 慰安婦像は撤去されず

ニュース 国際

記事詳細

更新

【「慰安婦」日韓合意】
慰安婦支援財団、28日発足 韓国で反発くすぶる中、日本大使館前で相変わらずの抗議デモ 慰安婦像は撤去されず

 【ソウル=名村隆寛】慰安婦問題をめぐる昨年12月の日韓合意に基づき、元慰安婦の女性らを支援する財団「和解・癒やし財団」(仮称)が28日、韓国で設立、発足する。

 財団は元慰安婦らの名誉や尊厳の回復、心の傷を癒やす事業を行う。28日に開かれる初の理事会では、理事長に金(キム)兌玄(テヒョン)誠信女子大名誉教授が就任する予定。役員構成や元慰安婦や遺族への金銭の支給、亡くなった元慰安婦の追悼など、事業内容の説明があるという。

 合意に基づき、日本政府は財団に10億円の資金を拠出する。関係筋によれば、資金拠出は8月中にも行われる見通し。しかし、日本政府の再三の要求に反して、ソウルの日本大使館前の慰安婦像は撤去されず、不法に設置されたままだ。

 韓国では日韓合意に反対する元慰安婦や、支援団体の「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」「ナヌムの家」などが財団設立に反発している。十数人の元慰安婦が財団からの支援を拒否する構えを見せている。

 27日には挺対協が主催する大使館前の慰安婦像を囲んでの抗議集会が開かれ、夏休み中の中高生ら大勢が参加。財団設立反対や日本との再交渉を訴えた。

「ニュース」のランキング