産経ニュース

台湾側が日台海洋協力対話を延期、島めぐり対話紛糾避けたか

ニュース 国際

記事詳細

更新


台湾側が日台海洋協力対話を延期、島めぐり対話紛糾避けたか

 台湾の外交部(外務省に相当)は26日、日台双方の窓口機関が7月下旬の開催で合意していた「日台海洋協力対話」を延期すると発表した。

 「議題が多いため」などとしているが、南シナ海をめぐる仲裁裁判所の裁定で、台湾が実効支配するスプラトリー(台湾名・南沙)諸島のイトゥアバ(太平島)が「岩」とされたことが影響しているもようだ。台湾世論の一部に、「沖ノ鳥島も岩だ」とする声があり、対話が紛糾するのを避けたとみられる。(台北 田中靖人)

「ニュース」のランキング