産経ニュース

G20に向けた工事を「不必要」と批判、中国浙江省の公務員を拘束

ニュース 国際

記事詳細

更新


G20に向けた工事を「不必要」と批判、中国浙江省の公務員を拘束

 25日付の中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(英語版)によると、9月に浙江省杭州市で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合に向けたインフラ工事を「不必要」などと批判した同省台州市の公務員が免職の上、拘束された。

 同紙によると、この公務員はインターネット上で「首脳会合のためにあらゆる道路や店が改修され、工事費は1600億元(約2兆5千億円)に上る」「会場近くの店や工場は閉鎖され、地元住民の生活の妨げとなっている」などと批判。警備に当たる警官に10万元の手当てが支給されるとも書き込んだ。

 事態を重視した台州市のネット警察が公務員を取り調べると「注目を集めるため、噂や臆測に基づいて虚偽の情報をでっち上げた」と供述。公務員は免職されるとともに「公共秩序を乱した」として19日から10日間の拘束処分を受けた。(共同)

「ニュース」のランキング