産経ニュース

【黒田勝弘のから(韓)くに便り】「天皇と安倍が対立」と韓国メディアがまたも「我田引水」報道 退位後の訪韓まで勝手に報じ…

ニュース 国際

記事詳細

更新

【黒田勝弘のから(韓)くに便り】
「天皇と安倍が対立」と韓国メディアがまたも「我田引水」報道 退位後の訪韓まで勝手に報じ…

 最近、天皇陛下が退位の意向を示されたというニュースは韓国でも関心を持たれている。一般の人がとくに関心を示しているわけではないが、メディア次元ではそれなりに注目された。新聞によっては「退位後の韓国訪問の可能性」を論じていたところもあった。

 ちなみに天皇陛下の韓国訪問はまだ一回も実現していない。皇室外交でいわば唯一の空白になっている。歴史のしがらみから韓国側に受け入れの雰囲気ができていないからだ。

 しかし戦前の支配・被支配の歴史とは関係のない陛下は、韓国では好感を持たれている。その理由の一つが日韓共同開催になった2002年のサッカー・ワールドカップ大会を前に、前年12月の誕生日会見で語られた「ゆかり」発言である。

 「日本と韓国との人々の間には、古くから深い交流があったことは、日本書紀などに詳しく記されています。(中略)私自身としては、桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると、続日本紀に記されていることに、韓国とのゆかりを感じています」

 古代・朝鮮半島の王国の一つだった百済の武寧王(在位501~523年)は父・東成王が日本(倭)からやってきた日本人と伝えられ、韓国・公州で発掘された武寧王陵の木棺の材質も日本原産の「コウヤマキ」だったことが明らかになっている。

続きを読む

「ニュース」のランキング