産経ニュース

【緊迫・南シナ海】フィリピン、特使任命も 中国と2国間協議に意欲

ニュース 国際

記事詳細

更新

【緊迫・南シナ海】
フィリピン、特使任命も 中国と2国間協議に意欲

 フィリピンのドゥテルテ大統領は14日夜、首都マニラでの会合で、南シナ海問題を巡り「戦争は選択肢にはない。平和的な話し合いしかない」として2国間協議への意欲をあらためて示し、会場にいたラモス元大統領(88)に「非公式協議を始めるために、中国に行ってもらいたい」と求めた。

 ドゥテルテ政権は、南シナ海問題担当特使の任命を検討しているとされるが、この日のラモス氏への打診が特使を念頭に置いたものなのかは不明。ラモス氏は会合後、記者団に対し「私はもう高齢だ。世界平和や持続的な経済成長に向けた、より大きな仕事がある」と述べ、特使就任には消極的な姿勢を示した。

 一方、中国外務省の陸慷報道局長は15日の記者会見で「ドゥテルテ氏が中国に特使を送り、対話を望んでいることを歓迎したい」と述べた。(共同)

「ニュース」のランキング