産経ニュース

【G20貿易相会合】日米欧からの集中砲火で議長国の中国が折れた 過剰生産解消へ、共同声明に盛り込み

ニュース 国際

記事詳細

更新

【G20貿易相会合】
日米欧からの集中砲火で議長国の中国が折れた 過剰生産解消へ、共同声明に盛り込み

 【上海=河崎真澄】中国上海市で開かれていた20カ国・地域(G20)貿易相会合は10日、鉄鋼の生産過剰問題で20カ国が協調する内容を盛り込んだ共同声明を採択し、閉幕した。9月の経済協力開発機構(OECD)鉄鋼委員会で討議するほか、国際フォーラムを設置する可能性についても協議することを明記した。

 生産過剰問題で国際社会から集中砲火を浴びる中国は、議長国の立場で文言を外すよう主張したが、日米欧や新興国の多くが鉄鋼などの在庫を安価に輸出する中国の動きが保護主義の台頭を招いていると反発。最終段階で中国が折れた。

 中国商務省の王受文次官は閉幕後の記者会見で「過剰生産は主要議題ではなかった」などと釈明した。一方、9月の浙江省杭州市でのG20首脳会合での発言力拡大を見すえ、中国が過剰生産問題では強制力のない内容で譲歩したようだ。

 共同声明は、環境に配慮する製品に課す関税を削減または撤廃する「環境物品協定」をG20首脳会合で大枠合意し、年内妥結をめざすことも盛り込んだ。中国は自国産業保護の観点から慎重姿勢だったが、最終的には日米などに譲った。

「ニュース」のランキング