産経ニュース

中国インフラ銀、韓国出身の副総裁更迭か 放漫経営放置の責任?

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国インフラ銀、韓国出身の副総裁更迭か 放漫経営放置の責任?

韓国がアジアインフラ投資銀行に送った洪起沢氏=2015年5月、ソウル(聯合=共同) 韓国がアジアインフラ投資銀行に送った洪起沢氏=2015年5月、ソウル(聯合=共同)

 中国が主導する国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)に韓国が送り込んだ洪起沢副総裁が7日までに、AIIBに休職届を提出した。就任前に務めていた韓国政府系の韓国産業銀行(KDB)会長時代に支援先企業の放漫経営を放置した問題の責任を問う声が上がり、中国の更迭要求に韓国政府が応じたとの見方が強い。

 洪氏は朴槿恵大統領の経済ブレーン。AIIBの投資計画を決める「投資委員会」の一員も務めた。経営モラルが疑われる不祥事によるAIIB開業後わずか半年での洪氏の「退場」は、中韓関係に影響しそうだ。

 KDBが大株主の大宇造船海洋は黒字経営だと発表してきたが、粉飾会計が昨年発覚。韓国の単一企業としては過去最高の5兆ウォン(約4400億円)規模の赤字を計上した。(共同)

「ニュース」のランキング