産経ニュース

【ダッカ人質事件】銃撃戦1時間…あられのような弾丸 制圧作戦100人以上投入

ニュース 国際

記事詳細

更新

【ダッカ人質事件】
銃撃戦1時間…あられのような弾丸 制圧作戦100人以上投入

現場周辺に非常線を張って立ち入りを禁止した治安部隊=2日、バングラデシュ・ダッカ(AP) 現場周辺に非常線を張って立ち入りを禁止した治安部隊=2日、バングラデシュ・ダッカ(AP)

 【ニューデリー支局】ろう城から約10時間。突然、銃声が周囲に響き渡った。バングラデシュの首都ダッカのカフェで起きた人質立てこもり事件で2日朝、現地の治安当局が強行突入に踏み切り、銃撃戦の末に現場を制圧した。欧米メディアの報道を基に制圧までの様子を再現した。

 「制圧するため治安部隊が突入しようとしたら、あられのような弾丸と手りゅう弾に見舞われた」。現場にいた警察官が語る。

 作戦には百人以上が参加したもようだ。英BBC(電子版)は、銃撃戦は約1時間続いたと報道。一方、CNNは約10分間の激しい交戦があったとする目撃者の話を伝えた。犯行グループが最後まで激しく抵抗した可能性をうかがわせる。

 地元テレビが流した映像には、顔や衣服が血まみれの治安部隊員が最前線から下がるシーンも。「屋根に登っていたら、爆弾の爆発で建物全体が揺れた」と話すカフェの関係者もいた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 銃撃戦1時間…あられのような弾丸 制圧作戦100人以上投入
  • 銃撃戦1時間…あられのような弾丸 制圧作戦100人以上投入

「ニュース」のランキング