産経ニュース

シンガポール航空機で火災 チャンギ空港に緊急着陸 乗客乗員は全員脱出

ニュース 国際

記事詳細

更新


シンガポール航空機で火災 チャンギ空港に緊急着陸 乗客乗員は全員脱出

27日、火が上がったシンガポール航空機のエンジン(AP) 27日、火が上がったシンガポール航空機のエンジン(AP)

 シンガポール発ミラノ行きのシンガポール航空368便ボーイング777-300型が27日朝、離陸後に機体のトラブルのためシンガポールへ引き返し、チャンギ国際空港に緊急着陸した。滑走路で右のエンジンや翼が炎上する火災を起こしたが、乗客乗員241人は鎮火後に全員脱出、けが人はいなかった。同航空が明らかにした。

 離陸から約1時間45分後にエンジン関連の警告メッセージが表示されたという。

 ストレーツ・タイムズ紙電子版によると、乗客の1人で、会社経営の女性リー・ビーイーさん(43)は、離陸後の機内でガソリンのようなにおいが漂っていたと証言。その後、操縦士のアナウンスで「燃料漏れのため、チャンギ空港へ引き返さなければならない」と告げられたという。(共同)

このニュースの写真

  • シンガポール航空機で火災 チャンギ空港に緊急着陸 乗客乗員は全員脱出

「ニュース」のランキング