産経ニュース

中国当局「有害情報の浄化が必要」 ネット書き込み検閲強化へ 「社会主義制度」「国家利益」批判する投稿の削除に注力

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国当局「有害情報の浄化が必要」 ネット書き込み検閲強化へ 「社会主義制度」「国家利益」批判する投稿の削除に注力

中国安徽省でインターネットカフェを利用する女性ら=2015年11月(VCG提供・ゲッティ=共同) 中国安徽省でインターネットカフェを利用する女性ら=2015年11月(VCG提供・ゲッティ=共同)

 中国の国家インターネット情報弁公室が22日までに、ネットの書き込みなどが「有害情報」をまき散らしているとしてネット空間の「浄化が必要だ」との見解を表明、検閲や削除などを強化する方針を打ち出した。習近平政権が力を入れる言論統制の一環とみられる。

 新華社電によると、弁公室幹部は最近開かれた会議で、有害な書き込みは「ネット世論を破壊する」として、「浄化」を訴えた。

 さらに、国家の安全を危うくする情報を盛り込んだり、「社会主義制度」「国家利益」を批判したりした書き込みの削除などに力を入れるよう求めた。

 会議には中国全土のネット管理担当者や「網易」「騰訊」など大手ポータルサイトの幹部らが出席した。(共同)

「ニュース」のランキング