産経ニュース

【リオ五輪】「準備、経験した中で最悪」とIOC幹部 地下鉄開通は開幕わずか4日前 財政難で警官も投入されず犯罪増加

ニュース 国際

記事詳細

更新

【リオ五輪】
「準備、経験した中で最悪」とIOC幹部 地下鉄開通は開幕わずか4日前 財政難で警官も投入されず犯罪増加

リオディジャネイロ五輪のビーチバレー会場の建設現場=ブラジル(ロイター) リオディジャネイロ五輪のビーチバレー会場の建設現場=ブラジル(ロイター)

 州政府が「治安、健康、教育、交通、環境管理が全面的に崩壊する恐れがある」と訴えたリオデジャネイロ市では、五輪開催を控え、あちこちで財政危機のひずみが露呈している。

 大会の準備状況についてはすでに、国際オリンピック委員会(IOC)のコーツ副会長が、2004年開催のアテネ大会よりも悪く、「私が経験した中で最悪だ」と指摘している。

 州政府が97億レアル(約2900億円)の予算をかけて建設した、五輪の観客輸送の大動脈となる地下鉄4号線の開通は、五輪開幕4日前の8月1日に大幅にずれこむ。州政府は中央政府に追加支援を要請しているが、関係者は「工事が間に合わなければ、期間中、市内の他の道路は大渋滞に陥るだろう」と危惧する。

 地元メディアによると、財政難に苦しむ州政府はさまざまな支払いを滞らせており、州政府が借りているレンタカーの代金400万レアル(約1億2000万円)でさえ支払うことができない状況という。

続きを読む

「ニュース」のランキング