産経ニュース

【尖閣接続水域侵入】米国務省のトナー副報道官「明確に懸念」 安保適用改めて表明

ニュース 国際

記事詳細

更新

【尖閣接続水域侵入】
米国務省のトナー副報道官「明確に懸念」 安保適用改めて表明

 【ワシントン=青木伸行】米国務省のトナー副報道官は9日の記者会見で、中国海軍艦船が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域に一時、入ったことについて「このような報告を常に、明確に懸念している」と述べた。

 トナー氏は情勢を注視し、日本政府と緊密に対応を協議すると指摘。尖閣諸島は日本の施政下にあり、日本に対する防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象であるとし、米政府の立場も改めて強調した。

 また、南シナ海における米軍艦船による「航行の自由」作戦を継続するとした。中国海軍艦船の接続水域への進入が、航行の自由作戦に対する中国の反発と関連があるかどうかについては、「そうではないと望んでいるが、推測はできない」と語った。

「ニュース」のランキング