産経ニュース

【天安門事件から27年】香港民主派が“分裂” 離脱の学生団体「本土よりも香港の民主化」独立を訴える急進派台頭

ニュース 国際

記事詳細

更新

【天安門事件から27年】
香港民主派が“分裂” 離脱の学生団体「本土よりも香港の民主化」独立を訴える急進派台頭

天安門事件から27年となった4日夜、香港で開かれた追悼集会でろうそくをともす女性ら(共同) 天安門事件から27年となった4日夜、香港で開かれた追悼集会でろうそくをともす女性ら(共同)

 【上海=河崎真澄】1989年に中国で学生らの民主化運動が武力弾圧された天安門事件の犠牲者を追悼する集会が4日夜、香港で開かれた。27年前から中国本土の民主化運動を支援してきた香港の団体が毎年開いてきたが、今年は学生団体が相次ぎ「中国本土よりも香港の民主化こそ優先すべき」と反発して離脱。香港で、既存の民主派勢力と学生団体が“分裂”する異例の事態となっている。

 集会は天安門事件当時に結成された「香港市民愛国民主運動支援連合会」(支連会)が主催。民主派の政党などが中心となり、香港島中心部の公園で中国本土の犠牲者を悼み、数万人の参加者がろうそくに点灯するなどの活動を行った。

 一方、香港大学や香港中文大などの有力な学生団体はこの集会に参加せず、大学構内などで「天安門事件の意味を考え直して香港の将来を考えよう」と訴える独自の討論会を開いた。学生団体は支連会が訴えている「民主中国の建設」に対し、「香港にそのような責務はない」と反論した。

このニュースの写真

  • 香港民主派が“分裂” 離脱の学生団体「本土よりも香港の民主化」独立を訴える急進派台頭
  • 香港民主派が“分裂” 離脱の学生団体「本土よりも香港の民主化」独立を訴える急進派台頭
  • 香港民主派が“分裂” 離脱の学生団体「本土よりも香港の民主化」独立を訴える急進派台頭
  • 香港民主派が“分裂” 離脱の学生団体「本土よりも香港の民主化」独立を訴える急進派台頭
  • 香港民主派が“分裂” 離脱の学生団体「本土よりも香港の民主化」独立を訴える急進派台頭
  • 香港民主派が“分裂” 離脱の学生団体「本土よりも香港の民主化」独立を訴える急進派台頭
  • 香港民主派が“分裂” 離脱の学生団体「本土よりも香港の民主化」独立を訴える急進派台頭

「ニュース」のランキング