産経ニュース

【「慰安婦」日韓合意】財団準備委が31日に発足 韓国、慰安婦像撤去はなく

ニュース 国際

記事詳細

更新

【「慰安婦」日韓合意】
財団準備委が31日に発足 韓国、慰安婦像撤去はなく

 【ソウル=名村隆寛】慰安婦問題の解決に向けた昨年12月の日韓合意に基づき、日本政府拠出の10億円の資金で、韓国が設立する財団の準備委員会が31日に発足する。韓国外務省が30日、明らかにした。

 準備委は31日にソウルで第1回会議を開き、6月末までの財団設立を目指す。準備委の委員長には金兌玄(キム・テヒョン)誠信女子大名誉教授が内定し、金氏は財団の理事長にも就任する見通しだ。

 韓国女性学会の会長などを歴任した金氏は、2012年の大統領選挙で朴槿恵(パク・クネ)陣営の女性本部長を務めるなど、朴大統領の信頼が強いとされる。

 韓国の夕刊紙、文化日報(30日付)によれば、金氏は元慰安婦の心の傷を癒やすための補償と、「過去」を忘れないための「(慰安婦問題)記念館」の設立を提示。「日本が拠出する10億円は、元慰安婦の要請に従って補償に使い、記念館設立には韓国政府の予算投入を考えている」という。

 慰安婦問題をめぐり日本は、ソウルの日本大使館前の慰安婦像撤去を求めている。しかし、韓国政府は「合意に含まれていない」と主張しており、準備委でも撤去問題には触れない構えだ。

「ニュース」のランキング