産経ニュース

【台湾新総統】対日窓口機関トップに蔡総統の腹心で“黒子中の黒子”邱義仁氏が正式就任「台日関係は新時代に」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【台湾新総統】
対日窓口機関トップに蔡総統の腹心で“黒子中の黒子”邱義仁氏が正式就任「台日関係は新時代に」

27日、亜東関係協会の会長に選ばれ、記者団の取材に応じる邱義仁元総統府秘書長(田中靖人撮影) 27日、亜東関係協会の会長に選ばれ、記者団の取材に応じる邱義仁元総統府秘書長(田中靖人撮影)

 【台北=田中靖人】台湾の対日窓口機関、亜東関係協会は27日、台北市内で理事会を開き、邱義仁元総統府秘書長の会長就任を正式に決めた。邱氏は記者団に「最近の国際関係の変化を受け、台日関係は新たな段階に入ることができる」と述べ、日本との関係強化に意欲を示した。

 蔡英文総統の腹心で日本の政界に知己も多い邱氏の起用について、台湾メディアは、日台関係に「新たな一章を開く」(中央通信社)などと注目している。

 邱氏は民主進歩党の陳水扁政権で要職を歴任。民進党の創設メンバーながら近年、メディアへの露出はほとんどなく、「黒子中の黒子」(関係筋)とされてきたことも関心を高めているようだ。

 一方、台北駐日経済文化代表処の代表(駐日大使に相当)に内定している謝長廷元行政院長(首相)は同日、6月上旬にも日本に赴任したいとの意向を示した。

このニュースの写真

  • 対日窓口機関トップに蔡総統の腹心で“黒子中の黒子”邱義仁氏が正式就任「台日関係は新時代に」
  • 対日窓口機関トップに蔡総統の腹心で“黒子中の黒子”邱義仁氏が正式就任「台日関係は新時代に」

「ニュース」のランキング