産経ニュース

【伊勢志摩サミット】折り鶴に込められる意味は「思いやり」…佐々木禎子さんの兄とトルーマン元大統領の孫が小学校で平和を語る

ニュース 国際

記事詳細

更新

【伊勢志摩サミット】
折り鶴に込められる意味は「思いやり」…佐々木禎子さんの兄とトルーマン元大統領の孫が小学校で平和を語る

鶴を折る佐々木禎子さんの兄、雅弘さん(左)とトルーマン元米大統領の孫、ダニエルさん(中)=25日(現地時間)、米カリフォルニア州ロサンゼルスのマーマン・スクール(中村将撮影) 鶴を折る佐々木禎子さんの兄、雅弘さん(左)とトルーマン元米大統領の孫、ダニエルさん(中)=25日(現地時間)、米カリフォルニア州ロサンゼルスのマーマン・スクール(中村将撮影)

 折り鶴には、病気の治癒や長寿、幸運を祈るといったイメージがある。病床の禎子さんも家族に、自分の激しい痛みや恐怖を気づかせないよう、最期まで病床で折り続けたという。雅弘さんはいう。「禎子に教えてもらった美しい心。『思いやり』です」。これが「禎子の折り鶴」に込められた意味だという。

 「思いやりを自分の周りに作ってください。小さな平和が生まれます。それがつながり大きな平和になります」。雅弘さんの言葉に子供たちはうなずいた。

 子供たちは鶴を折った。ダニエルさんも折った。折り方が分からない子供は雅弘さんらに助けを求めた。午後に訪れた小学校では、折った鶴にサインを書いてもらおうと、子供たちが行列を作った。

 オバマ氏の広島訪問について、ダニエルさんは「うれしいし、興味深い。何を言うのか、この機会をどう使うか。生中継で見たい」と話した。雅弘さんも「心からの歓迎をしたい。たくさん思いはあります。でも、米国の大統領としての訪問に条件はつけるべきではないと思う」と語った。

「ニュース」のランキング