産経ニュース

【伊勢志摩サミット】折り鶴に込められる意味は「思いやり」…佐々木禎子さんの兄とトルーマン元大統領の孫が小学校で平和を語る

ニュース 国際

記事詳細

更新

【伊勢志摩サミット】
折り鶴に込められる意味は「思いやり」…佐々木禎子さんの兄とトルーマン元大統領の孫が小学校で平和を語る

鶴を折る佐々木禎子さんの兄、雅弘さん(左)とトルーマン元米大統領の孫、ダニエルさん(中)=25日(現地時間)、米カリフォルニア州ロサンゼルスのマーマン・スクール(中村将撮影) 鶴を折る佐々木禎子さんの兄、雅弘さん(左)とトルーマン元米大統領の孫、ダニエルさん(中)=25日(現地時間)、米カリフォルニア州ロサンゼルスのマーマン・スクール(中村将撮影)

 【ロサンゼルス=中村将】広島に投下された原爆で被爆し、白血病のため12歳で亡くなった佐々木禎子(さだこ)さんの兄と、原爆投下を承認した当時のトルーマン米大統領の孫が25日(日本時間26日)、米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊の小学校を訪れ、オバマ米大統領の広島訪問を前に平和について語った。禎子さんが亡くなるまで鶴を折り続けた。米国でも知られる千羽鶴。折り鶴に込められる意味は…。家族らの言葉に子供らは聞き入った。

 禎子さんの兄、雅弘さん(74)は息子の祐滋さん(45)と訪米。2人は午前と午後、小学校2校を訪問した。午前中はトルーマン元大統領の孫、ダニエルさん(58)も同行した。「原爆を落とした国と落とされた国。今は、禎子の折り鶴を通じて、ダニエルさんと私は世界に平和の心を伝えています」。雅弘さんはそう語った。

 ダニエルさんも2012年に広島と長崎を訪問したときのことをスライドを見せながら話した。雅弘さんらとの交流、禎子さんが最期に折った鶴を手にのせたときのこと、広島で「平和の鐘」を雅弘さんらと鳴らしたこと…。「私たちが一緒に行動することによって、信じ合い、戦争の怒りは過去のものにすることができる」と話した。

「ニュース」のランキング