産経ニュース

【朝鮮半島情勢】制裁が効いた?北が韓国に対話攻勢 軍事会談など呼びかけ軟化 韓国は拒否の構え

ニュース 国際

記事詳細

更新

【朝鮮半島情勢】
制裁が効いた?北が韓国に対話攻勢 軍事会談など呼びかけ軟化 韓国は拒否の構え

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮による核実験の強行などを受けて対北制裁を続ける韓国に、北朝鮮が対話攻勢をかけている。だが、韓国側は北朝鮮が非核化の意思を示さないため、対話を拒否している。

 北朝鮮の人民武力部は21日、韓国軍に通知文を送り、南北軍事当局会談に向けた実務協議を呼びかけた。協議は「朝鮮半島の軍事的緊張を緩和するため」のもので、今月末か来月初旬の開催を提案。朝鮮労働党の金己男(キム・ギナム)副委員長も同日、談話で、韓国に対北敵対行為をやめ対話や交渉に応じるよう求めた。

 北朝鮮は20日にも国防委員会が韓国に対し、軍事当局間の対話再開や敵対行為の中止を要求する公開書簡を発表した。北朝鮮の金正恩(ジョンウン)委員長は今月上旬の党大会で、軍事当局会談など南北対話の必要性を訴えており、対話攻勢は金委員長の発言に沿ったものだ。

 しかし、韓国国防省は「北朝鮮の非核化への措置が最優先だ」と要求を拒否している。北朝鮮による核実験や弾道ミサイルの発射に対し、韓国は南北経済協力事業の開城(ケソン)工業団地の操業を中断。軍事境界線付近では金正恩体制を批判する対北政治宣伝放送を続けている。国連安保理の対北制裁決議により、国際社会の対北圧力は強まっている、

 ただ、北朝鮮の対話提案は、制裁がある程度効いていることを示しているとみられ、韓国では「宣伝放送が金正恩体制の維持に何らかの影響を及ぼしている」(軍事筋)との見方が有力だ。

「ニュース」のランキング