産経ニュース

【台湾新総統】蔡英文総統の就任演説概要 「民主的、自由な生活方式を強い信念で守る」「若者の未来は政府の責任」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【台湾新総統】
蔡英文総統の就任演説概要 「民主的、自由な生活方式を強い信念で守る」「若者の未来は政府の責任」

就任式典でガッツポーズする蔡英文新総統=20日、台北の総統府前(共同) 就任式典でガッツポーズする蔡英文新総統=20日、台北の総統府前(共同)

 台湾で20日に就任した民主進歩党の蔡英文総統が、台北市内の総統府前で行った就任演説の概要は以下の通り。

 【感謝と責任】

 「私と陳建仁氏は総統府内で宣誓し中華民国第14代正副総統に就任した。この国の民主制度に感謝する。平和的な選挙を経て3回目の政権交代が実現した。各種の不確定要素を克服し、順調に4カ月の政権交代期を過ぎ、平和的な政権移行が完了した」

 「台湾は再び、民主的で自由な生活方式を強い信念で守ることを世界に告げた。人々が新総統、新政権に期待するのは『問題の解決』だ。台湾の状況は困難であり、国民同胞全員にこの国の未来を一緒に担うよう求める」

 「国家は指導者によってではなく、国民全体の奮闘によって偉大になる。総統が団結させるべきは国家全体だ。団結は変化のためであり、この国が切実に期待するものだ。先入観と過去の対立を捨て、新時代の使命を成し遂げよう」

 「総統として宣言する。私と新政権は、この国の改革を導き絶対に退かない」

「ニュース」のランキング