産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


オーストリア新首相にケルン氏就任、連立維持

17日、ウィーンで行われた就任式でフィッシャー大統領(左)と握手するオーストリアのクリスティアン・ケルン新首相(AP) 17日、ウィーンで行われた就任式でフィッシャー大統領(左)と握手するオーストリアのクリスティアン・ケルン新首相(AP)

 一貫性のない難民政策で批判されたオーストリアのファイマン前首相の辞任を受け、中道左派の与党、社会民主党が推す国営オーストリア鉄道のクリスティアン・ケルン前社長(50)が17日、新首相に就任した。フィッシャー大統領が同日、任命した。

 ケルン氏は中道右派の国民党との連立内閣を維持、新内閣は18日に発足する予定。欧州には中東などから難民や移民が大量に流入、オーストリアでは失業率の上昇や難民に紛れたテロリストの侵入に懸念が高まっており、引き続き難民対策が政権の重要課題となる。

 ケルン氏は就任後、地元メディアのインタビューでファイマン前政権が決めた難民らの受け入れ制限に「責任を持つ」と述べ、難民政策の厳格化を維持する意向を明らかにした。

 ケルン氏は6月に社民党党首に就任する。(共同)

このニュースの写真

  • オーストリア新首相にケルン氏就任、連立維持

「ニュース」のランキング