産経ニュース

「フィリピン版トランプ」生んだ政治土壌 東南アジア研究所(シンガポール)のマルコム・クック上級研究員に聞く

ニュース 国際

記事詳細

更新


「フィリピン版トランプ」生んだ政治土壌 東南アジア研究所(シンガポール)のマルコム・クック上級研究員に聞く

ロドリゴ・ドゥテルテ氏(AP) ロドリゴ・ドゥテルテ氏(AP)

 フィリピン大統領選で勝利したダバオ市長のロドリゴ・ドゥテルテ氏が、暴言で物議を醸しながら、他候補よりも優位に立てたのは、3つの理由による。

 まずフィリピンでは、現状の政治、経済、社会へのいらだちが募っており、状況の変革へ、既存の国政エリート以外の指導者が求められた。ドゥテルテ氏は、大票田でもあるミンダナオ島が地盤で、マニラの特権階級である他候補と違い、大衆が理解し反応できる言葉で直接語りかけた。暴言へのエリート層や海外からの批判も、彼に「アウトサイダー」の装いを与えた。

 その姿は、米大統領選で共和党候補指名が確実となったトランプ氏とその支持者に、一部で重なりあう。

 次に、ドゥテルテ氏は、(国政で目立った成果がないとの指摘も出ていた)ライバル候補のグレース・ポー上院議員と違い、ダバオ市長として22年間の実績を誇る。市長として達成した犯罪抑止や治安と投資の向上を、全国規模で、特に行き詰まり混乱しているマニラ首都圏で再現してくれることへの期待がある。

「ニュース」のランキング