産経ニュース

【リオ五輪】「延期か移転を」 カナダ教授が学術誌に寄稿、ジカ熱理由に

ニュース 国際

記事詳細

更新

【リオ五輪】
「延期か移転を」 カナダ教授が学術誌に寄稿、ジカ熱理由に

 ジカ熱拡大が続くブラジルのリオデジャネイロ五輪は「延期するか、開催地を変更するべきだ」とする意見を、カナダ・オタワ大のアミール・アタラン教授(公衆衛生学)が12日までに、米学術誌「ハーバード・パブリックヘルス・レビュー」に寄稿した。

 ジカ熱は、妊婦が感染すると小頭症の赤ちゃんが生まれる原因になるとされ、大人にも手足のまひを起こすと考えられている。アタラン教授は「五輪で世界からさらに50万人の旅行者が訪れ、感染してウイルスを自国に持ち帰れば、世界的な大惨事になりかねない」と警告した。

 教授は過去に比べて2015年以降の流行では重症例が増え、「少し以前に考えられていたよりも危険な病気だ」と指摘。感染が深刻なのはブラジル北東部だとされているが、最新統計によれば、リオデジャネイロでの人口当たりの感染者数は全国で4番目に多く「中心的な流行地域だ」とした。

「ニュース」のランキング