産経ニュース

中国、「貧困者」1千万人移住計画 今年は200万人 経済開発区などに

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国、「貧困者」1千万人移住計画 今年は200万人 経済開発区などに

 中国国務院(政府)貧困者支援開発指導グループ弁公室の劉永富主任は10日、記者会見を開き、貧困対策の一環として昨年末に発表した1千万人の移住計画で今年、200万人以上を貧困地域から移住させる方針を明らかにした。

 習近平指導部は2020年までの「小康社会」(いくらかゆとりのある社会)実現に向け貧困対策に力を入れている。弁公室は年収約3千元(約5万円)以下を貧困者と定義し、貧困者は現在、全土に計約5575万人いるとしている。

 劉氏は移住計画では、住宅やインフラ整備などのため1人当たり6万元、計6千億元を投じると強調。移住先として各地の経済開発区や工業地域などを挙げた。さらに各地の当局者が脱貧困の「業績」を偽って報告をすることがないよう検査を徹底し、虚偽報告には監察機関に報告するなど厳しい措置を取ると述べた。(共同)

「ニュース」のランキング