産経ニュース

ロンドン市長にカーン氏 初のイスラム教徒 労働党が奪還

ニュース 国際

記事詳細

更新


ロンドン市長にカーン氏 初のイスラム教徒 労働党が奪還

 5日、ロンドンの投票所に到着した市長選候補の労働党サディク・カーン氏(右)(AP)  5日、ロンドンの投票所に到着した市長選候補の労働党サディク・カーン氏(右)(AP)

 5日に行われたロンドン市長選は6日からの開票の結果、労働党所属でパキスタン系イスラム教徒のサディク・カーン氏(45)が、保守党のザック・ゴールドスミス氏(41)を抑えて初当選した。ロイター通信によると、欧米の主要な首都で初のイスラム教徒の市長となる。

 ロンドン市長はこれまで保守党のボリス・ジョンソン氏(51)が2期8年務めており、労働党は2008年まで在任したケン・リビングストン氏以来、初めて市長ポストを取り戻した。

 選挙は、保守、労働の二大政党による事実上の一騎打ちとなった。人権派弁護士出身で下院議員でもあるカーン氏は、テロ対策や市内の交通事情の改善を訴えた。ゴールドスミス氏は富豪の息子としての毛並みの良さを武器に戦い、高い知名度と人気を誇るジョンソン氏の後継を狙ったが、伸び悩んだ。(共同)

「ニュース」のランキング