産経ニュース

中国でネット金融犯罪が前年比7割増 被害総額4兆円 90万人だました「e租宝」事件も

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国でネット金融犯罪が前年比7割増 被害総額4兆円 90万人だました「e租宝」事件も

 中国のニュースサイト「財新ネット」などは2日までに、中国全土で昨年起きたインターネットを使った金融犯罪が前年比71%増の約6千件、被害総額は2500億元(約4兆1100億円)に上ったと報じた。当局は「過去最悪」として警戒を強化、取り締まりを徹底する方針を打ち出した。

 中国では近年、高い利率をうたったネット金融が普及したが、経済が減速する中、詐欺などの犯罪が頻発。李克強首相は今年3月の全国人民代表大会(全人代)で「金融秩序の規範を整え、違法な資金集めを厳しく取り締まる」と宣言した。

 習近平指導部が危機感を強めているのは、経済的不満の高まりが政権批判につながる恐れがあるためだ。昨年末には「e租宝(イーズーバオ)」と呼ばれる金融商品を使い、被害者が約90万人、被害総額も約500億元に上る詐欺事件が発覚した。(共同)

「ニュース」のランキング