産経ニュース

【豪次期潜水艦落選】原潜視野に仏を選択か 豪紙が報じる

ニュース 国際

記事詳細

更新

【豪次期潜水艦落選】
原潜視野に仏を選択か 豪紙が報じる

潜水艦「そうりゅう」(海上自衛隊ホームページから) 潜水艦「そうりゅう」(海上自衛隊ホームページから)

 2日付のオーストラリアン・フィナンシャル・レビュー紙は、オーストラリア政府が次期潜水艦の共同開発相手に日本やドイツではなくフランスを選んだ理由の一つは、将来的な原子力潜水艦の導入可能性を視野に入れているためだと報じた。閣僚や国防当局者が可能性を議論したという。政府筋などの話として伝えた。

 フランス政府系造船会社「DCNS」は原潜の船体を、ディーゼルエンジンの通常動力型用にやや小さくする転用案を提示。オーストラリアメディアに対し、望まれれば将来的に原潜も提供できるとの立場を示しており、実際にフランスはブラジルで通常動力型と原潜の両方を建造する計画を進めている。

 国防省が実施した「競争評価手続き」で日独仏は通常動力型に限定して提案が求められた。(共同)

「ニュース」のランキング