産経ニュース

【米大統領選】トランプ氏が外交政策発表 「アメリカ第一主義」掲げ同盟国に負担求める 中露とは関係改善目指す

ニュース 国際

記事詳細

更新

【米大統領選】
トランプ氏が外交政策発表 「アメリカ第一主義」掲げ同盟国に負担求める 中露とは関係改善目指す

 【ワシントン=加納宏幸】米大統領選の共和党候補指名争いで先行する不動産王、ドナルド・トランプ氏(69)は27日、ワシントンで外交政策に関する演説を行い、米国民の利益を最優先する「アメリカ・ファースト」(米国第一)を基本にすると表明した。米軍の海外駐留もこの原則に基づいて判断し、同盟国に自主防衛を促すこともためらわないと強調。中露との関係改善もうたった。

 トランプ氏はオバマ政権が「他国を再建する一方で自国を弱めている」との認識を示した。他に手段がない場合には軍事介入をためらわないとする一方で、必要性のない戦闘のため米兵を派遣することはないとの基本方針を明確にした。

 こうした観点から、日本などアジアや欧州の同盟国に対しては米軍駐留経費のさらなる負担を求め、これに応じないのであれば「米国はこれらの国々に自主防衛させる準備をしなければならない」と述べた。

 大統領就任後に北大西洋条約機構(NATO)に加盟する欧州諸国やアジア地域の同盟国との間で個別に首脳会議を開き、経費負担や共通の課題を協議する意向も明らかにした。

「ニュース」のランキング