産経ニュース

今度はくまモンの「パクリ」登場 中国テレビ局、批判殺到

ニュース 国際

記事詳細

更新


今度はくまモンの「パクリ」登場 中国テレビ局、批判殺到

中国の短文投稿サイト「微博」に掲載された、「くまモン」にそっくりな安徽省のテレビ局の番組キャラクター(共同) 中国の短文投稿サイト「微博」に掲載された、「くまモン」にそっくりな安徽省のテレビ局の番組キャラクター(共同)

 中国安徽省のテレビ局の番組に28日までに、熊本県のPRキャラクター「くまモン」にそっくりなキャラクターが登場した。熊本地震の被災状況が伝えられる中での「パクリ疑惑」に、中国のインターネット上では「恥ずかしくないのか」と批判の声が殺到している。

 問題となったのは「好運熊」(ラッキークマ)で、4月9日から始まった、視聴者に電子マネーをプレゼントしたり商品を紹介したりする番組に出演している。毛色が黒いくまモンに対して好運熊は茶色だが、姿形は酷似している。

 短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」では「盗作じゃないか」「色さえ変えればいいと思っているのか。(テレビ局は)恥を知れ」と非難する書き込みが相次いでいる。

 くまモンは中国でも人気で、熊本地震後にネット上では、くまモンをモチーフに支援や早期復興を願うイラストなどが掲載されている。(共同)

このニュースの写真

  • 今度はくまモンの「パクリ」登場 中国テレビ局、批判殺到

「ニュース」のランキング